嬉しそうなビジネスマン

BPOが定着

企業にとっては顧客のニーズや苦情受け付け通販サイトの受注受け付けなどシフト制を組み大量の人員を採用して運用をする事を考えれば外部へのアウトソーシングルが最適なソリューションです。 BPOは車に業務の給与、経理、財務など大規模な事業所から専任者を持てない事業所までスピードと正確さを要求される業務はBPO(ビジネス プロセス アウトソーシング)をする傾向になってきました。 当然コストとの兼ね合いですが新興国や人件費の掛からない国へと業務は移りネットワークでデータ入力から作表までを請負会社は請け負っています。 インターネットの普及やプライベートネットワークの構築でセキュリティ上の問題がクリアできてこのBPOの流れは加速して来ました。 BPOの代表的な例としてコールセンター業務の電話オペレーターは何処にいても良い訳で人件費の安い中国やデータセンター施設やネットワーク回線の安い沖縄などに設置しているケースが見受けられます。

BPOも業務の範囲でアウトソーシングされたコスト管理で成果を上げてきました。 社内の業務処理を外部委託の範囲で行なっているのが現状ですが今後はどの様になるのでしょうか。 ITの進化範囲業務その物を人から物に移し始めています。 作業という意味では既にITの分野でセンサー機能付きの制御装置やチップに通信機能とアプリケーションを組み込みセンターサーバへとデータを送信する仕組みになっています 。 公共料金のガス、水道、電気メータのチェックを人から制御装置にする事で料金計算と請求ガス自動化されます。自動販売機の補充作業も販売機の飲料別重量センサーデータどの飲料を幾つどの場所の販売機にどのルートで補充に行けば効率が良いかをコンピューターが出してくれます。これはさいこうのBPOでは無いでしょうか。 人は人にしかできない事に専念するという時代なのかも知れません。